バイト遍歴

2011年08月10日

介助員のバイトを始めてから1年以上が経過した平成21年9月、2回目の司法試験も不合格。。
書籍代や予備校代を捻出するため、3回目受験に向けてバイトを継続。

子供達は思った以上に成長する。
あんなに言うことを聞かなかった児童が、落ち着くようになったり。
暴力や暴言が酷かった児童が、他人へのやさしさを見せるようになったり。
字が書けなかった子が、書けるようになったり。
できないことができるようになるのは見ていて嬉しい。
一生懸命の児童たちの姿を見ていると、私も受験を頑張らなければと逆に励まされていた。

児童と信頼関係ができてきて、私になついてくれてくると、子供嫌いの私でも児童が可愛く思えてきた(注:変な意味じゃないですよ)。
児童たちとは色々な話しをした。
一つのことにマニアックにこだわる児童が多いのでマニアック話しを聞いてあげるのも重要な仕事だ。
電車の話しや怪獣の話しやヒーロー戦隊の話しなどなど。
ピカチュウは知らないので、聞いてるふりをしていた。
高学年の男子児童からは恋愛相談も受けた。
喧嘩して先生に怒られたのが悔しくて泣いていて教室に戻れない男子児童と、別室で話しを聞きながら二人で給食を食べたり。

学校というのは行事がいっぱいある。
運動会、学芸会、発表会、遠足、社会科見学などなど。
私もオカンに弁当を作ってもらって、手をつないで様々な場所に遠足に行ったさ。
私はおやつを持って行かないので、いつも児童から貰っていた。
「先生おやつあげる」と持ってきてくれる児童もいた。
行事は準備に大変だけど、みんな良く頑張って、すばらしい作品や演技ができると、児童はもちろんのこと、先生方や介助員も皆で一緒に達成感を味わうことができて楽しかった。
夏のプールもみんな良く頑張っていたなぁ。

ゆっくりではあるが、児童たちは、一つ一つ、着実に成長していく。
その成長を手助けできるやり甲斐のあるいい仕事だと思った。

他方、いくら経験を積んでも、裏切られることは日常茶飯事である。
ほんのちょっと前まで仲良く接していたのに、いきなり暴言を浴びせられたり。
最初の頃は私もブチ切れていましたが、我慢して冷静に対処できるようになった(と思う)。
気が滅入ってしまうが、それも仕事の一つである。

結局、平成22年の3月末まで1年9か月もバイトした。
3回目の受験準備のために辞めさせてもらったのである。

辞める少し前に英語しか話せない手を焼かせる児童が転校してきて、私が専属のような形で介助をしており、様々なバトルを繰り広げて苦労していた。
英語で激しく叱ったりもしたが、関わっているうちに少しずつ信頼関係が出来てきた。
私が司法試験受験の準備のために辞めることになったと伝えたときに、「No.Lawyer.No.Lawyer」と言いながら辞めないでくれと涙を流して抱きつかれたときには、もらい泣きしそうになった。
今でも、その児童は一番好きな先生はと聞かれると私の名前を挙げるらしい。
日本語はもうペラペラ。

どの児童もみんな強く印象に残っている。それぞれ色々なエピソードがある。
児童たちにしてみれば、少し色の入ったメガネをした口の悪いアゴ髭介助員だったと思う。
介助員っぽくなく、そこら辺の兄ちゃんのようなスタンスで自然体でやっていたのが良かったのかもしれない。
少しの間だったが、児童たちの人生に少しでも影響を与えられたならば本望である。
「あー、そう言えば怖いヒゲ介助員がいたなー。」でオーケー。
これからも困難な事があると思うけど、乗り越えて頑張ってもらいたい。
また、困ったことがあればいつでも相談してもらいたい。

先生方や同僚の介助員の方々や保護者の方々には、送別会を開いて下さったり、合格祝いをして下さったりと大変お世話になりました。
ある先生に「江戸野郎さんには、どの児童でも任せられます。」と言って頂けるようになったのは嬉しかった。
司法試験がダメだったら、本職にしようかとほんの少しだけ考えたこともある。

正直、中学高校の私のキャラクターからは、こういう仕事を経験できたことに自分が一番驚いているし、逆に児童たちから教えてもらうことの方が多かったような気がする。

実家に戻ったら、元気な児童たちの顔を見に、学校に顔を出してみようと思う。
せっかくの貴重な経験を活かして、法律関係で何か役に立てることはないかと思案中。

終わり

edo_yaroh at 18:39コメント(5) 

2011年08月09日

「今日は低学年の○○君と○○ちゃんをお願いします。」てな感じで、朝に担当する児童が割り当てられる。
一応、児童からは「先生」と呼ばれるので正直照れくさいったらありゃしない。

黒板に向かって前を向いて先生の話しを聞くようにさせるだけで大変。
落ち着いている児童もいれば、落ち着かず絶えず授業に関係ないことを話したり、席を立ってしまう児童もいる。
最初の頃は、個々の児童の個性に合わせた指導の仕方が分からず、やみくもに力任せに言うことを聞かせようとしていたが、中々うまくいかない。
走るのが好きな児童は、少し目を離すと授業中でも教室を飛び出して学校の外へ行ってしまったり・・・。
追い掛けても追いつかず(マジで早い)、その子を追い掛けるためにスニーカーを買った。。

口が達者な児童にはストレスが溜まる。
正直、この糞ガキ!と思ったことも度々ある。
何で言うことを聞かないのだろうと腹が立つことも多々あった。

少し慣れてきたなと思った平成20年の9月。めでたく?司法試験に不合格でバイト継続。
人員が足りなかったので、先生方は不合格にガッツポーズだったらしい(もちろん冗談ですよ)。

そのうち、児童たちの個性が徐々に分かるようになってきた。
関わり方や言葉を少し変えるだけで、児童たちの反応や信頼関係が全く変わる。
過度に干渉するよりも少し見守るようにした方がよかったり、力任せに遊びを中断させず「それが終わったら授業の時間だから一緒に教室へ行こう」と言ってみたり、何でやらないのかではなく「一緒にやってみよう」と言ってみたり。

色々と試行錯誤したが、児童たちを理解することが一番大事だと思った。
年に何回か行われる研修に参加したり、自主的に障害の本を読んで勉強したことは理解を深める一助になった。
それを学校の現場で児童の個性に合わせて実践してみる。失敗する。また試行錯誤してみる。
その繰り返しで、概ね、うまく介助ができるようになってきた。

つづく

edo_yaroh at 23:57コメント(0) 

2011年08月02日

介助員のバイトは朝8時15分から午後までの勤務。
曜日によって4時間目まで、5時間目まで、6時間目までの日がある。
朝は8時13分に家を出て14分に教室に到着できるので楽ちんだ(笑)
私は週2~3回のシフトにしてもらった。

朝の会と帰りの会は全体で行うが、授業は低学年、中学年、高学年と3クラスに別れて行われる。
それぞれ担任の先生がいて、児童数や障害の程度に応じて介助員が配属される。
全体で児童10数人、担任3人、介助員3人程度という構成だっただろうか。
勤務2年目に児童が増えて20人近くなったときは、担任4名、介助員4名程度だっただろうか。
体育や音楽の授業は全体で行う。
介助員の人は、本職でやっている人もいれば、主婦の人もいる。

特別支援学級の児童は当時10数人いて、いろんな児童がいた。
話せる児童、話せない児童。
言うことを聞く児童、聞かない児童。
授業中ずっと座っていられる児童、どっか行っちゃう児童。
ある程度勉強できる児童、全くできない児童。
給食を食べられる児童、好き嫌いが多い児童。
朝、一人で学校に来られる児童、親と一緒に来る児童。
一人で着替えの出来る児童、なかなか出来ない児童。

総じて言えるのは、皆、とりあえず一人でトイレは出来ることだ。
詳しくは知らないけど、トイレが出来ることは入学の条件になっているのかもしれない。

昔の身障学級と比較して驚いたのは、会話もきちんと出来て見た目も普通の児童が相当数いたことだ。
普通に会話も出来るし、好奇心は旺盛だし、勉強も少し遅れているが、ある程度できる。
でも、じっとしていなかったり、空気が読めなかったり、洒落や皮肉が通じなかったり、気にくわないことがあると暴力的になったりすることがある。
こういった障害はアスペルガー症候群やADHD(注意欠陥・多動性障害)といって、私が子供の頃は普通学級にいて個性的な児童とされていたのが、ここ最近、医学的に「障害」とカテゴラズされるようになり特別支援学級に入ってくるのである(厳密にはアスペルガー症候群とADHDとは異なるが共通する部分も多い)。
他校の普通学級にいたがトラブルが多く、特別支援学級のある私の勤務校に転校してケースが多い。

さて、自称ちょい悪の素人おっさん。どうなることやら。

つづく

edo_yaroh at 08:48コメント(0) 

2011年07月29日

久々に「バイト遍歴」カテゴリーの記事を書いてみようと思う。
多分、最後のバイトになると思う(笑)


平成20年7月から同22年3月まで、母校の小学校の特別支援学級の介助員のバイトをしていた。
特別支援学級というのは、ダウン症や広汎性発達障害(自閉症、アスペルガー症候群、多動性障害、知的障害など)の子供たちのクラス。
私が子供の頃は「身障学級」と呼んでいたが、法律が変わって、現在は「特別支援学級」と呼ばれている。
介助員の仕事は、子供達の勉強を手伝ったり、一緒に遊んだり、要するに学校生活全般において子供たちの世話をして先生の補助をする仕事。

平成20年6月に広島から品川の実家に戻り、暇な日々を送っていたが、近所の幼馴染みの寿司屋のT君が昼間に介助員のバイトしていることから、彼に誘われて、1度見学しに行くことになった。
というのは、特別支援学級の担任をしているホーガン先生が、T君と私が小学校2年の時に担任だった先生で(T君もその先生に誘われてバイトを始めた)、バイトするかどうかは別として、私も挨拶がてら1度見学しに行くことになったのである。
ホーガン先生(注:日本人)というのは、その風貌がプロレスラーのハルクホーガンに似てるのと、私が小6の時の夏の移動教室の際に、消灯後も寝ないでいるとフライングエルボをその先生からされたのとというだけで、隠語として使っている名前である。

前の日、T君の寿司屋で飲んだお酒が少し残る中、実家から徒歩30秒の小学校に見学へ。
私が小学生だった頃と違い、校庭の入り口は厳重にロックされており(大阪の池田小の事件の影響)、来意をインターフォンで告げてロックを解除してもらわなければ、学校に入れないようになっている。

ホーガン先生とT君がいる高学年クラスの国語の授業中にお邪魔して、後ろに座って見学する。
子供たちが興味深そうに私のことを眺めている。
授業の終わりにホーガン先生からスピーチを頼まれ、広島のことを話した。
広島のことで知っていることは?と質問したら「知らな~い」。
原爆の話しをしたら、皆「ぽかーん」としていた。

授業が終わると、5年生の男子2人から「遊ぼう」「給食食べて行くんでしょう?」と左右から腕組みされて、そのまま遊び部屋に拉致されてしまった。
33歳オッサン独身だと子供と接することはまずないので、どう接していいか分からない(言葉使いからして分からない)ので、何とも照れくさく、不思議な気分だった。
21年振りの小学校の給食をご馳走になり、帰る際には「また、来るんでしょう?」「次はいつ来るの?」と人懐っこい子供たちに囲まれる。
特に子供が好きという訳ではないし(むしろ、躾がされていない生意気なガキんちょは嫌い)、私のような素人でも出来る仕事なのか少し不安だったが、ホーガン先生から「もし良かったら、手伝ってくれ」と言われ、晴れてバイトをすることになった。

小学校との直接の契約ではなく、NPO法人から派遣という形のため、法務博士(笑)の履歴書を書いて、一応の面接を受けて、採用。
その年の司法試験に合格すると思っていたので、合格発表の9月までの3か月間ということは伝えておいた。

そんな訳で、介助員のバイトが始まった。

つづく

edo_yaroh at 15:12コメント(2) 

2004年12月08日

6~9年前の間のお話。
大学1年の冬休み、短期ではなく長期のバイトをしようと思った。
自宅からそう遠くない飲食店なんかを探した。

求人誌で見つけたのは某女子プロレス直営の焼肉店のオープニングスタッフの募集だった。
「週刊プロレス」を小6から買い続けている私としては非常に興味があった。
自宅からも自転車で5分の距離。

早速、面接に行き、即採用。
仕事内容は夜のホールスタッフと厨房補助。
バイキング形式の焼肉屋でオープン当初は行列ができる程、かなりの忙しさだった。
デビュー前後の新人女子レスラーも駆り出されて一緒に働いていた。
オープンの月は時給850円で10万円以上働いた。それ程忙しかった。

しばらくすると客足も落ち着き、土日以外は余り混まなくなった。
以後コンスタントに毎月5万円程の給料分バイトした。
バイト仲間は結構仲が良く、カラオケや飲み会を開いたこともあった。

オープンから1年経った頃より客足は目に見えて鈍くなってきた。
バイキング形式の焼肉というのは最初は物珍しいが、飽きてくる。
肉はお世辞にも良質とは言えなかったし、なにしろ接客がまずい。
元々プロレスが本業の会社なので、外食産業を行う上での従業員(社員)の教育が徹底していない。
最初こそ人的資源を投入して力を入れていたが、客足が鈍るにつれ働く従業員(社員)の質も落ちていった。
私はバイトなりに丁寧に仕事をしていた、と思う。
社員に意見を言ったこともあったが、バイトが会社のカルチャーを変えるのは難しい。

何だかんだ言って大学4年冬まで3年間もここでバイトした。
途中、会社が事実上の倒産で給料が遅配になったりしたけど・・・。

良いことも結構あった。
経営者一家の人が度々バイト後にラーメン屋に連れて行ってくれた事だ。
ビールと餃子をよくご馳走になった。
あと関係者のパスを貰ってプロレスを見に行ける事もよかった。
後楽園ホールなんて殆ど顔パス状態で入れる。
そこでもビールをご馳走してくれる。
気のいい経営者さん達でした。
そういった気前の良さがビジネスの世界では裏目に出たのかな。
でもビューティーペアやクラッシュギャルズを育てたんだから一時期は相当景気よかったと思う。

このバイト先のお店、とっくに無くなりました。
現在の経営状態は更に悪くなっているようです。→最近のニュース

おわり
バイト遍歴もこれでおしまい。
いろいろバイトしたと思っていたけど5つしかしてないのね。もっとバイトしたと思ってた。


5659c076.jpg

月一回お世話になっているお客さんの所への仕事帰りに渋谷で一枚。
井のヘッド線から山手線に乗り換え。
井のヘッドって呼ぶの私だけ?

at 01:33コメント(0) 

2004年12月07日

10年前のお話。
一年間の浪人生活を経て晴れて大学生になった私。
暫くは頂いた入学祝いで食いつないでいたが、高価な時計やスーツを買ったら底をつき、夏休みに久しぶりにバイトをすることにした。
大学生のバイトというと家庭教師を思いつく人もいるだろうが、私に教えてもらいたい人はいない。

という訳でガテン系を探す。
求人誌で見つけたのは某大手宅配便の仕分け作業。
毎回大量に採用するので面接は勤務地とは別の大森のとあるビジネスホテルのセミナールームみたいな所で行われた。
型通りの面接後、即採用。未経験者は作業内容のビデオを見せられる。さすが大手、マニュアル化されている。

勤務地は大井ふ頭の物流倉庫。品川駅から専用バスで通う。
このバスの中は全員無言でかなり「労働者」っぽい雰囲気が感じられてブルジョワジーの私には馴染めなかった。なんか護送されている気分。

私の勤務時間は19時~23時。
22時までは「発送便」の仕分け作業である。次から次へとベルトコンベアーで運ばれてくる荷物を、各地方の方面毎のラックにテトリスの様に積んで行く。「天地無用」とか「こわれ物」とか有るので注意が必要だ。積み終わったラックを待機しているトラックの後ろに運び、新しいラックに取り替える。
結構な重労働である。Tシャツが汗でビショビショになるので着替えとタオルは必需品だ。
22時からは「到着便」の仕分け作業だ。全国から送られてくる荷物を?丁目まで細かく仕分けする。私はいつも自分の住んでいる地域の仕分けボックスに一目山に入った(早いもの順)。見慣れた住所の方が親近感があって楽だからである。

仕事が終わるとまた例のバスで護送されて深夜に帰宅。
私はバスの中では必ずウォークマンでTRFを聞いていたのを覚えている。
重労働だけあって時給はよかった。確か1,300円くらいだったか。一日4時間働いて5千円強。悪くない。

その日は突然やってきた。
いつもの様にTシャツで仕事に行くと、
「今日はクールお願いね」と涼しい顔で社員。
ラッキー!と思った。真夏の中、涼しい所で仕事ができるのは嬉しい。

しかしクール倉庫に行くと・・・。


寒い、寒すぎる・・・。


入り口にドカジャン(ボアの着いたナイロンのジャンバー)が何着か掛けてあったがクール野郎どもに先に取られてしまっていた。慣れた人はトレーナーやら着込んでいる。
知らなかったよ。事前に教えてくれたっていいのに(聞いてなかっただけかもしれないが)。
鳥肌と鼻水を垂らしながら4時間我慢した。
恐らく10度以下の部屋だろうから、仕事後、外に出たら温度差(外は30度以上)にクラクラした。

その日の帰りのバスの雰囲気が余計寒く感じられた。
以後、いつクールに回されるか分からないのでトレーナーを持って行く様にした。

結局、20日間程働いて辞めた(バスの雰囲気にどうしても馴染めなかった)。
今、古い通帳をみたら合計117,600円分ここでバイトしていた。
残業した日もあったのでその分プラスされているのだろう。

久々にTRFを聞くと今でも寒い夏の記憶が蘇る。

おわり
次回 焼肉屋編に続く


e9b45717.jpg

日曜日に大岡山の「そば縁肆さか本」で食事。
店の雰囲気、料理ともに満足。おすすめです。


at 00:52コメント(0) 

2004年12月05日

12~13年前のお話。
高校2年夏冬春3年冬の長期休暇時に友人の紹介で保税倉庫でのタバコ検査のバイトをした。
毎回高校の友人数名で参加したので楽しいバイトだった。

仕事内容は、外国から船で運ばれる輸入タバコを保税倉庫にて検査するというものだ。
輸送中に潰れたり濡れてしまったタバコを段ボール別に峻別し、中身を検査する。
さらにカートンごとに峻別し、中身を一箱づつ検査する。
潰れている箱は「滅却」。
良品のみを又段ボールに入れて封をして完成。

最初に銘柄別に段ボールを箱に組み立てる。
それから
パレットからローラーに段ボールを載せる係。
段ボールからタバコを出して検査し、良品を補充する係。
段ボールに封をして検印後、パレットに載せる係。
と、作業を分担して流れ作業で素早く行う。
どの係もかなりの力仕事だ。

最初の内は、検査係は社員や契約社員が担当していたが、慣れてくると検査を任されるようになり、我々の仲間グループだけで一連の仕事を任されることも後期はよくあった。
ただフォークリフトは危ないので免許を持っている社員が運転していた。

一見すると辛そうな仕事だけど、この仕事、やたらと休憩が多い。
10:30~30分間、12:00~1時間、15:00~30分間と合計2時間も休憩がある。
倉庫までの移動時間等を考慮に入れると実質5時間少々しか働かない。
それで日給8,700円だったかな。オイし過ぎる。
給料は週払いで月曜から金曜まで働いて43,500円だったかな。高校生にしては稼いでいた。
それを長期休暇中ずっと仕事しているんだから(最初の夏は途中サボったが)。
高校卒業後も契約社員となって暫く働き続けた友人も居たくらいだから、結構居心地のいい職場だった。
まさにバブル終焉期に相応しい給料だった。今そんな好条件の求人ないよね。

給料を何に遣ったのか殆ど覚えていない。
多分バイクのローン支払と改造費とガソリン代に充てたかな。
それでも十分残るはずだが何に遣ったんだろう?

ある金曜日。
一週間分の給料を握りしめて皆で帰りに武蔵小山のパチンコ屋に行った。
皆、少しづつ勝っていたが、一人だけ真っ青になっている友人が居た。
何とブルマン氏が給料全部スってしまったのである。
一週間の労働がほんの小一時間でゼロ。
かなり落ち込んでいたので隣のケンタッキーでご馳走してあげたが、数日立ち直れなかったようだ。
今でもその落ち込み様が目に浮かぶ。
そんなブルマン氏も数日内にパパになる予定。
おめでとう。あの姿は僕の胸の中だけに閉まっておくよ。

このバイト先の倉庫があった場所は、今はジャスコが建っていて「品川シーサイド」と呼ばれ様変わりしている。時の流れは速い。

おわり
次回 冷蔵倉庫編に続く

※高校生はパチンコをしてはいけません!


79583918.jpg

ブックオフで買ってきた本の山
読むのが大変だ


at 01:32コメント(0) 

2004年12月03日

14年前のお話。
高校に入学直後、楽器をローンで買ってその返済に充てるためにバイトを始めた。
中学の友人が五反田駅前のハンバーガー屋でバイトしているというので早速面接に行った。
履歴書という物を始めて書いた。

面接中に、「~君はバイトしていますか?」と聞いたら「いませんよ」との返事。
あれ?と思いながらも面接が終了し、帰宅後採用の連絡があった。
どうやら店を間違えたらしい。
後で聞いたら友人がバイトしているのは東口の「ウェンディーズ」。
採用が決まったのは西口の「サンディーヌ」。
まぁいいか。

バイトは週3日程。平日夕方(2時間)と週末午後(4時間半)が多かった。
某大手と同じく階級制度があり新人は白帽子のトレーニー(時給620円、安っ!)から始まる。
私のゴツイ顔に、この帽子とシマシマの制服が似合わないんだこれが。

仕事は結構面白かった。
最初は様々な種類のハンバーガーの作り方とポテトの揚げ方を覚える。
ハンバーガーを紙に包むにはコツがあって、マネージャに教えてもらってメキメキ上達した。
ポテトの塩加減は人によって違う。私はショッパイのが好みなので多め(自分が食べる訳じゃないのに)。外国人が私が揚げたポテトを食べながら私に向かって親指を立てて「Good」と目で合図をしていたこともあった。通好みの塩加減のようだ。

いろいろ仕事を覚えて、トントン昇進した。
定時制に通っていて昼間毎日バイトしている同じ年の奴より昇進が早かった。
帽子の色が変わり時給が少し上がる。
メイツAになるとレジも任されるようになる(15歳でメイツAになったのは私が始めてとマネージャーが言っていた)。
接客は向いていないと思っていたが案外楽しかった。
夕方のお客はマックスファクターのOLや、化粧の濃い五反田有楽街方面のお姉さんが多かった。一度ダイナマイトキッド(プロレスラー)が買いに来てサイン貰ったこともあった。

仕事の仲間(といっても皆年上だが)とも仲良くやっていて順調だったが半年程で辞めた。
私とあまり反りの合わない店長から断髪命令が下ったのである。
髪の毛が段々伸びてきていて、さらに夏前から前髪を金髪に近い程ブリーチしていたのが気に食わなかったみたいだ。
今思えば短ラン・ボンタン・金髪で出入りされちゃ困るわな。
ただ仕事は真面目にやっていてきちんと評価してもらっていた。

私と年の近いマネージャーが、髪を結んで仕事続けられるように店長に頼んでくれたが却下されてしまい、余り迷惑掛けちゃ悪いなと思い自主的に辞めた。

ともあれ初めてのバイトだったのでいい経験になった。
社会の厳しさも少々経験したし、労働してお金を稼ぐという喜びも始めて味わった。
ちなみにピクルスばっかりつまみ食いしていました。

おわり
次回 事務所引越編に続く


fea57502.jpg

バイトして買ったエレキベース
5万円くらいしたかな

at 01:37コメント(0) 
最新コメント
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ