2016年06月06日

宇都宮「庄助」

ご無沙汰しております。
江戸野郎です。
約2年振りの更新でございます。
いつの間にか当ブログを開設してから11年半が経過していました。

週末に宇都宮へ。
宇都宮ときたら思い浮かべるのは「餃子」ですが、脇目も振らずに人気居酒屋の「庄助」へ。
太田和彦と吉田類の両居酒屋巨匠に紹介されてから、予約なしでは訪問が難しいようです。
そんなお店は開店と同時にカウンターに滑り込むのが一番です。

JR宇都宮駅東口のホテルから北に少し歩き、県道64号線(県庁前通り)を西にテクテクと徒歩15分程度でしょうか。
県庁前交差点の一本裏の路地にひっそりとかつ地味にお店はありました。

IMG_9621

開店時間の午後5時に暖簾をくぐると、来客はカウンターの一人飲みの方のみで、運良くカウンターに座ることができました。
カウンター3席以外は予約で一杯だったようです。

少し歩いて汗をかいていたのでまずは生ビール!
お通しは美味な筍の煮物です。

IMG_9615

この店は飲み物は口頭でオーダーし、食事はメモに書いて手渡ししてオーダーするシステム。
メニュー表は手元に無く、店内の黒板に縦書きで書いてあるのを見繕う。
遠慮して黒板写真取り忘れました!
値段は書いていないのですが、どれも良心的な価格かと思います。

まずは定番の煮込みから。
刻みネギがふんだんにのっていて辛赤味噌がとても良いスパイスでした。

IMG_9616

餃子をメニューに発見!さすが宇都宮の餃子。
シャキシャキした歯ごたえでヘルシーな餃子でした。

IMG_9617

日本酒(燗)に替えて、大皿にあった銀ダラ煮をオーダー。
ちなみに日本酒は会津の「末廣」のみです。
会津のお酒にハズレはありません。
お魚をアテにお酒が進む進む。

IMG_9620

最後はお店の看板メニューの「柚子みそ」。
柚子に味噌を入れて天日干しにしたもののようです。
食感はカラスミそのもの。
日本酒のアテには最高です。
お土産にも購入することができるので2つ買いました(1つ1000円)。

IMG_9619


IMG_9618

暫くすると予約のお客さんで店内は一杯に。
余り長居するのも野暮なので、名残惜しくも切上げました。
他にも家庭的で魅力的なメニューがありましたが次回のお楽しみに。


宇都宮「庄助」
住所:栃木県宇都宮市塙田2丁目2-3
電話:028-622-3506
営業:月~土 17:00~23:00

edo_yaroh at 21:08コメント(0)江戸野郎の酒場放浪記  

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
最新コメント
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ