2011年08月10日

小学校の特別支援学級の介助員(その4)

介助員のバイトを始めてから1年以上が経過した平成21年9月、2回目の司法試験も不合格。。
書籍代や予備校代を捻出するため、3回目受験に向けてバイトを継続。

子供達は思った以上に成長する。
あんなに言うことを聞かなかった児童が、落ち着くようになったり。
暴力や暴言が酷かった児童が、他人へのやさしさを見せるようになったり。
字が書けなかった子が、書けるようになったり。
できないことができるようになるのは見ていて嬉しい。
一生懸命の児童たちの姿を見ていると、私も受験を頑張らなければと逆に励まされていた。

児童と信頼関係ができてきて、私になついてくれてくると、子供嫌いの私でも児童が可愛く思えてきた(注:変な意味じゃないですよ)。
児童たちとは色々な話しをした。
一つのことにマニアックにこだわる児童が多いのでマニアック話しを聞いてあげるのも重要な仕事だ。
電車の話しや怪獣の話しやヒーロー戦隊の話しなどなど。
ピカチュウは知らないので、聞いてるふりをしていた。
高学年の男子児童からは恋愛相談も受けた。
喧嘩して先生に怒られたのが悔しくて泣いていて教室に戻れない男子児童と、別室で話しを聞きながら二人で給食を食べたり。

学校というのは行事がいっぱいある。
運動会、学芸会、発表会、遠足、社会科見学などなど。
私もオカンに弁当を作ってもらって、手をつないで様々な場所に遠足に行ったさ。
私はおやつを持って行かないので、いつも児童から貰っていた。
「先生おやつあげる」と持ってきてくれる児童もいた。
行事は準備に大変だけど、みんな良く頑張って、すばらしい作品や演技ができると、児童はもちろんのこと、先生方や介助員も皆で一緒に達成感を味わうことができて楽しかった。
夏のプールもみんな良く頑張っていたなぁ。

ゆっくりではあるが、児童たちは、一つ一つ、着実に成長していく。
その成長を手助けできるやり甲斐のあるいい仕事だと思った。

他方、いくら経験を積んでも、裏切られることは日常茶飯事である。
ほんのちょっと前まで仲良く接していたのに、いきなり暴言を浴びせられたり。
最初の頃は私もブチ切れていましたが、我慢して冷静に対処できるようになった(と思う)。
気が滅入ってしまうが、それも仕事の一つである。

結局、平成22年の3月末まで1年9か月もバイトした。
3回目の受験準備のために辞めさせてもらったのである。

辞める少し前に英語しか話せない手を焼かせる児童が転校してきて、私が専属のような形で介助をしており、様々なバトルを繰り広げて苦労していた。
英語で激しく叱ったりもしたが、関わっているうちに少しずつ信頼関係が出来てきた。
私が司法試験受験の準備のために辞めることになったと伝えたときに、「No.Lawyer.No.Lawyer」と言いながら辞めないでくれと涙を流して抱きつかれたときには、もらい泣きしそうになった。
今でも、その児童は一番好きな先生はと聞かれると私の名前を挙げるらしい。
日本語はもうペラペラ。

どの児童もみんな強く印象に残っている。それぞれ色々なエピソードがある。
児童たちにしてみれば、少し色の入ったメガネをした口の悪いアゴ髭介助員だったと思う。
介助員っぽくなく、そこら辺の兄ちゃんのようなスタンスで自然体でやっていたのが良かったのかもしれない。
少しの間だったが、児童たちの人生に少しでも影響を与えられたならば本望である。
「あー、そう言えば怖いヒゲ介助員がいたなー。」でオーケー。
これからも困難な事があると思うけど、乗り越えて頑張ってもらいたい。
また、困ったことがあればいつでも相談してもらいたい。

先生方や同僚の介助員の方々や保護者の方々には、送別会を開いて下さったり、合格祝いをして下さったりと大変お世話になりました。
ある先生に「江戸野郎さんには、どの児童でも任せられます。」と言って頂けるようになったのは嬉しかった。
司法試験がダメだったら、本職にしようかとほんの少しだけ考えたこともある。

正直、中学高校の私のキャラクターからは、こういう仕事を経験できたことに自分が一番驚いているし、逆に児童たちから教えてもらうことの方が多かったような気がする。

実家に戻ったら、元気な児童たちの顔を見に、学校に顔を出してみようと思う。
せっかくの貴重な経験を活かして、法律関係で何か役に立てることはないかと思案中。

終わり

edo_yaroh at 18:39コメント(5)バイト遍歴  

コメント一覧

1. Posted by Ancestor   2011年08月11日 18:30
本当にいい体験をしたんだねぇ。どれだけ君のためになったか知れない。機会を与えてくれた友人、先生、子ども達、保護者の皆さんに感謝、感謝だね。
2. Posted by 江戸野郎   2011年08月16日 21:18
>>Ancestorさん
様々な出会いがあって良い経験をしました。
この歳になって小学生の知り合いができるとは思いませんでした
3. Posted by サラダトマト   2014年06月22日 22:22
5 こんばんわ^:^♪ そして 初めましてです。突然にメールをしてすみませんです。実は私、小学校特別支援介助員の仕事をし始めて、3ヶ月になります。貴方様の経験談を拝見させて頂き、うんうん そうだそうだ^:^ と声を高く
してそうなんですと実感できます。 一番毎日考えていた事が’ 自分の気に入らない事が起こると’突然に暴言を吐いたり、暴力的・突然に教室内を移動したり、集中力が
無くなり、手を付けられない状態です。がしかし なんとか子供と真剣に向き合い 最近は心が少し伝わってきてるのかなと思う位、に変化してきました。 あ~~すいません、長くなりました。 私は介護職、病院勤務を経て、現在の介助員をしています、 自分を試されてる部分も
有りかなと思う位です。 コメントを見させて頂きありがとうございました。 失礼します。
4. Posted by 江戸野郎   2014年06月23日 13:42
>>サラダトマトさん
大変な分、児童が成長すると喜びを感じることのできる仕事だと思います。
体力勝負の部分もありますので、頑張ってください!
5. Posted by サラダトマト   2014年08月22日 12:35

遅くなりましたが 励ましのコメント 本当にどうもありがとうございました。
夏休み明けから ^:^♪ 頑張っていきたいと思います。
失礼します。
司法試験合格されたみたいですね。おめでとうございます。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
最新コメント
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ