2006年03月13日

「黒い雨」井伏鱒二著

ブックオフで文庫本が100円で売っていたので購入。

主人公の姪が、直接被爆した訳ではないが黒い雨を浴びたことから、数年後に放射能の影響により発病するというお話。
「原爆病」と噂された姪の結婚話が破談になり、発病前であったため主人公は姪が原爆病であることを知らず、原爆病ではないことを証明するために被爆当時の記憶を辿る。
主人公は横川駅で被爆し、その凄惨な状況がリアルに描かれている。

本の中で出てくる地名が大体分かり、地理的な位置関係がよく理解できた。
古市、横川、国泰寺、などなど。

横川なんて、高速4号線通れば自宅からバイクで数分で行ける。
たまに横川に焼肉食べに行く。焼肉食べてる場合じゃないって。

無辜な市民の大量虐殺は、如何なる理由を付けようとも許されていいものではない。
広島・長崎においてアメリカが犯した大罪は、後世になれば正しい評価が下されるだろう。
パックスアメリカーナの現状では、無理でしょう。
日本軍も南京大虐殺を行ったって?
組織的に行ったという事実はありません(中共のプロバカンダです)。
歴史は正しく認識しましょう。

スタンスは反米で。これが基本です(→以前にも書きました)。
と言いながらカタカナ語を多用・・・。

34bb00a7.jpg

映画もビデオ借りて見てみた。
私が中学生の頃に公開されていて、数々の賞を受賞したと思う。
白黒フィルムの映画。被爆直後の市内の状況がかなりリアルに再現されているので白黒でも致し方ない。

原作とは登場人物に違いが多少ある。
それはそれで、よく出来た映画だと思う。

at 01:58コメント(2)映画・ドラマ・本  

コメント一覧

1. Posted by カツミアオイ   2006年11月26日 01:00
 こんにちは、TBさせていただきました。
 原作を昔読んで、その後広島に行き、帰ってから映画を見て、そしてようやく地理関係や、距離をぼんやりと理解しました。
 史実に基づく話は、そうやって実感できる深さがありますね。
2. Posted by 本人   2006年12月03日 10:44
>>カツミアオイさん
コメントありがとうございます。
地理関係が分かると立体的に小説を読むことができますよね。
何故その方向へ逃げたのか、など行動が理解できます。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
最新コメント
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ