2005年01月28日

高校受験(その4)

不合格なら中卒覚悟で臨んだ都立高校の受験。

5科目も受験しなければならないので大変だ。
私立と違い、面接がないので、テストの点数のガチンコ勝負となる。
私の内申点はかなり悪かったので500点満点中270点以上取らないと合格できない。
各科目平均55点くらい取らないといけないので結構プレッシャーだ。

受験会場では、昼休みに見張りを立たせてトイレで一服した。
大事な受験なのに何やってんだろう?と今更ながら思う。
本当にバカだ。

受験翌日、中学で自己採点をすると何故か点数が結構取れている。
325点だった。
担任の先生もホッとしたようだ。
社会80国語70数学60理科60英語55くらいだったかな。
英語なんて三単現も知らない(ホントに実話)のに、よく点数取れたと思う。不思議だ。
内申点が普通程度あれば、もう1ランク上の高校にも十分合格できる点数だ。

発表を見に行ったが、もちろん祝合格祝
中学がブレザーだったので学ランの高校に合格できて素直に嬉しかった。
なによりも某工業高校へ行かなくて済んだ事はよかった。
あそこへ進学するくらいなら、中卒の方がマシって思ってたし。
事実、知り合いがその某工業高校に進学したけど、余りの校則の厳しさに速攻中退した。

高校入学後、担任の先生に聞いたところによると、入試の成績がクラスで3番だったらしい・・・。
二週間の受験勉強にしては最高の結果に終わった。
このころから自分は「天才」だと勘違いするようになった(笑)。

おわり
いずれ気が向いたら大学受験編を連載します。


at 01:22コメント(0)高校受験  

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
最新コメント
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ