2004年12月13日

大河ドラマ「新選組!」総括

昨日最終回でした。全話見ました。
京都に上るあたりまでの前半は、近藤勇役の香取慎吾の声の高さに違和感を覚えて余り面白くなかった。
後、史実と異なる創作部分にも違和感があった。
江戸の試衛館時代から坂本竜馬や桂小五郎と交流があったなんて、ちょっとね。

どうも大河ドラマは「利家とまつ」以後、シリアス路線からエンタメ路線になったようだ。
配役を見ても路線変更は明らかだ。
若い人向けに親近感を持たせようとしているのだろう。
しかし「独眼竜伊達政宗」や「武田信玄」のようにガチガチの歴史大河ドラマの方が、断然面白い。
エンタメ路線だと少年漫画を見ている様な気がする。

ある回のお話。
近藤が深雪太夫(優香)の身請け式?を行う日に、正妻のつね(田畑智子)が京都に来てしまう。
鉢合わせを回避するために大騒動、その舞台は伏見の寺田屋。
もうメチャクチャ。
この内容で一話分消化するなら、鳥羽伏見以後をもう一話増やした方がよっぽどいい。

いろいろ注文付けましたが、大河ドラマが放映されると、ゆかりのある各地でイベントが行われる事はよかったです。
資料館等の新選組特別展示を京都・日野・会津で見ました。

最後に
佐藤浩市の芹沢鴨は凄くよかった。
捨助(中村獅童)の意味わからん死は何だったのでしょうか?


at 23:57コメント(0)映画・ドラマ・本  

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
最新コメント
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ